不動産を売却したい

Q:売出価格はどうやって決めるのですか? A:売出価格は、弊社がお客様に提示する「査定価格」を参考にして、お客様(売主)が決めるのが一般的です。 お客様の「希望売却価格」と「査定価格」に差がある場合は、担当者と十分に打合せいただいて、売出価格を決められることをおすすめします。

Q:不動産を売却する際に必要な諸経費は? A:諸経費の額は、売却する不動産によって異なります。 主な内容は次の通りです。 1.仲介手数料(報酬額規定表より・速算式による) 売買代金が200万円以下の場合・・・売買代金×5%×TAX1.1 売買代金が200万円を超え400万円以下の場合・・・(売買代金×4%+20,000円)×TAX1.1 売買代金が400万円を超える場合・・・(売買代金×3%+60,000円)×TAX1.1 2.印紙代(売買契約書に貼付する印紙) 3.登記費用(抵当権抹消等) 4.譲渡所得税・住民税(売却利益が出る場合) ※場合によっては建物解体費用、測量費用等が発生します。案件ごと異なりますので詳細は担当者にお尋ね下さい。

Q:売却代金の精算方法はどのようになりますか? A:売却代金は契約した時、引き渡した時の2回に分けて支払われるのが一般的です。契約時に手付金として10%程度、引渡し時に残金が支払われます。

Q:御社の不動産売却仲介とはどのようなことを行うのですか? A:通常は次の業務を行います。 1.物件調査 2.価格査定 3.媒介契約締結と書面の交付 4.売買の相手方の探索 5.売買の相手方との交渉 6.売買契約締結と書面の交付 7.決済引渡 弊社ではFPによる資金相談、税務相談、法律相談を織り交ぜながら依頼主のお客様のライフプランに沿った最適な選択肢をご提案するよう心掛けています。場合によっては物件売却そのものを中止するご提案もします。 不動産の売却によりお客様が享受するメリットや問題解決を最優先とし、不動産全般に関するコンサルティングを目指します。

Q:不動産売却に関わる税金の相談はできますか? A:もちろんできます。 不動産を売却した際に利益が生じていれば譲渡所得となり、譲渡益に対して一定の税金が課税されます。(詳細はこちら) 例えば先祖代々の土地を売却した場合は取得価格が不明であることが多く、みなし取得価格(売却金額の5%)を適用することになります。その場合売却金額の95%×税率20%が税金です(経費と控除は考慮せず)。金額が大きくなればとてつもない金額の税金が課税されるわけです。 そのため不動産を売却する際には税金を常に考慮する必要があるのです。不動産を売却するということは不動産という資産から現金という資産に変化するといえます。お客様の今後のライフプランや財務状況をふまえ、さらに税金を考慮に入れて初めて適切なアドバイスが可能になります。 弊社ではFPによるアドバイスを前提とし、状況によっては提携している会計士や税理士の見解を含めた総合的な提案を目指しています。